世界的プロダクトデザイナー・深澤直人教授の国内初個展が開催中

世界的に活躍するプロダクトデザイナーで多摩美術大学・統合デザイン学科の学科長でもある深澤直人教授の展覧会が、現在、パナソニック 汐留ミュージアムにて開催中です。

AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展

会期:2017年7月8日(土)~10月1日(日)
会場:パナソニック 汐留ミュージアム
   東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4F
JR「新橋」駅より徒歩約8分、東京メトロ銀座線・都営浅草線・ゆりかもめ「新橋」駅より6分、都営大江戸線「汐留」駅より徒歩約5分

動画提供:パナソニック 汐留ミュージアム

深澤教授は、1980年に本学デザイン科立体デザイン専攻(現・生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻)を卒業し、卓越した造形美とシンプルに徹したデザインで、世界を代表するブランドのデザインや、日本国内の企業のデザインや企業のデザインやコンサルティングを多数手がけています。2014年に新設した統合デザイン学科の教授に就任。
今回の展覧会では、無印良品、au(KDDI)、B&B ITALIA、パナソニックなどのブランドの製品としてデザインされ、グッドデザイン賞など著名な賞を受賞した作品が多数出品されます。

関連情報