多摩美が生んだ 佐賀の三陶人展 青木龍山・森正洋・十四代 酒井田柿右衛門

十四代 酒井田柿右衛門《濁手 蓼文 鉢》1992年

日展という場で技を磨いた青木龍山、クラフトデザイナーとして生活に密着したもの作りを行った森正洋、世界を魅了する人間国宝の十四代 酒井田柿右衛門という、佐賀県に生まれ多摩美術大学で学んだ、日本を代表する作家3名の作品が一堂に会する展覧会です。

会期:2017年10月24日(火)~11月4日(土)
   10:00~19:00(金・土は20:00まで)入場無料
会場:大分県立美術館 3階展示室B
主催:多摩美術大学校友会 大分支部・佐賀支部・福岡支部 佐賀の三陶人展実行委員会
URL:http://www.opam.jp/exhibitions/detail/278

同時開催
第11回九州地区多摩美術大学校友会展

関連イベント
第51回出前アート大学 器 鑑賞教室
日時:10月30日(月)10:00
対象小学校:別府市立別府中央小学校5年生
「佐賀の三陶人展」の会場で本物の作品を前に出前アート大学を行います。

展覧会チラシ(PDF)