「パッケージデザインコンペティション」在学生3名が受賞

深澤明日香「富山の干柿を包む」

9月29日に発表された富山デザインフェア2017「パッケージデザインコンペティション」において、統合デザイン学科3年の深澤明日香さんがパッケージデザイン賞を受賞しました。

2017のテーマは「富山の〇〇をつつむ」で、深澤さんは「富山の干柿をつつむ」と題してパッケージをデザインしました。
また、奨励賞にグラフィックデザイン学科3年・橋本陽丞さん「富山のまんじゅうをつつむ」、
特別賞に統合デザイン学科3年・矢島瞳さん「富山の球根をつつむ」が選出されました。

このデザインフェアは富山市が主催し、パッケージデザインコンペティションでは、江戸時代から続く「富山の売薬」の発展をルーツに持つ富山のデザイン産業を通じて、広く富山を周知することと、将来デザイナーを目指す学生の技術力向上を目的に公募されたものです。

受賞作品は9月29日から10月1日まで富山市民プラザ2階アートギャラリーで展示されました。

富山デザインフェア2017「パッケージデザインコンペティション」
https://www.city.toyama.toyama.jp/shokorodobu/yakugyobussanka/toyama-designfair-packagedesign-competition.html