アートアワードトーキョー 丸の内 2017で奥村副手が受賞

「連年豊作吉祥図」192×276cm 2017

「アートアワードトーキョー 丸の内 2017」において、日本画専攻副手の奥村彰一さん(17年大学院日本画修了)の作品「連年豊作吉祥図」が、「フランス大使館賞」「審査員賞/今村有策賞」「丸の内賞(オーディエンス賞)」の三賞を同時受賞しました。

これは9月8日から24日の期間、行幸地下ギャラリー、 新丸ビル3Fアトリウム、 新東京ビル1Fエントランス、 新有楽町ビル1F中央ゾーンを会場に、若手アーティストの発掘・育成を目的とした現代美術の展覧会として開催されたものです。

全国の主要な美術大学・芸術大学・大学院17校の卒業終了制作展を訪問し、2,500点以上の中から発掘したノミネート作品114点より、さらに厳選した20作品の卒業制作が展示され、最終日に、審査員による最終審査を実施し、グランプリや審査員賞など全11賞が決定しました。

「アートアワードトーキョー 丸の内 2017」結果
http://www.artawardtokyo.jp/2017/award.html