辻惟雄名誉教授が朝日賞を受賞

「2016年度朝日賞」(朝日新聞文化財団主催)に、多摩美術大学元学長の辻惟雄名誉教授が選出されました。昨年春に東京都美術館で開催された「若冲展」の総監修を務め、「奇想の画家」の再評価など日本美術史への多大な貢献が評価されての受賞となりました。

1929年に創設された朝日賞は、学術、芸術などの分野で傑出した業績をあげ、日本の文化や社会の発展、向上に多大の貢献をした個人・団体に贈られます。

1月30日(月)に帝国ホテル(東京・日比谷)で贈呈式が行われます。

http://www.asahi.com/articles/DA3S12730186.html
http://www.asahi.com/shimbun/award/asahi/2016prizewinner.html