卒業生がJAGDA賞2017を受賞

公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が発行する年鑑『Graphic Design in Japan 2017』の選考会において、04年大学院工芸修了・えぐちりかさん(映像『春風のいたずら』)、92年デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業・居山浩二さん(環境・空間『mt ex』)が、また、グラフィックデザイン学科の服部一成教授(CI『POLA』)と葛西薫客員教授(複合『TORATA CAFE・AN STAND』)が、それぞれカッコ内の仕事で「JAGDA賞 2017」を受賞しました。

入選作品を収録した年鑑は2017年6月発行の予定です。また、6月17日(土)から8月6日(日)まで、東京ミッドタウン・デザインハブで年鑑作品展「日本のグラフィックデザイン2017」も開催されます。

詳細は公式サイトをご覧ください。

JAGDA賞 2017
http://www.jagda.or.jp/awards/category/2017/