岡本太郎現代芸術賞で受賞

井原宏蕗「cycling」(部分)

「第20回 岡本太郎現代芸術賞」において、11年彫刻卒業・井原宏蕗さんが岡本敏子賞を受賞しました。また、98年彫刻卒業・井上裕起さんが特別賞を受賞、大学院日本画2年・奥村彰一さん、12年大学院油画修了・加藤真史さん、03年工芸卒業・福本歩さんがそれぞれ入選しました。

公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団・川崎市岡本太郎美術館主催によるこの通称「TARO賞」は、岡本太郎の意志を継ぎ「時代を創造する者は誰か」を問う賞で、規定に沿う作品であれば形状、技法などはまったく自由という応募作品499点の中から選ばれました。

受賞作品は、川崎市岡本太郎美術館で開催中の『第20回岡本太郎現代芸術賞展』で公開されています。

 

第20回岡本太郎現代芸術賞が決定
http://www.taro-okamoto.or.jp/info/taroaward.html

第20回岡本太郎現代芸術賞展
会期:2017年2月3日(金)~4月9日(日)
9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日、3月21・22日(3月20日は開館)
会場:川崎市岡本太郎美術館
神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5
http://www.taromuseum.jp/exhibition/current.html

写真提供:川崎市岡本太郎美術館