『遙かなる他者のためのデザイン』久保田晃弘教授・著

一体何が、これからのデザインや芸術になり得るのか。情報デザイン学科の久保田晃弘教授がメディアアーティストまた教育者として、人間中心主義から脱却することを志向しながら、工学から芸術へ、「設計」から「デザイン」へと展開した、20年分のデザイン論集。

『遙かなる他者のためのデザイン―久保田晃弘の思索と実装』
著・久保田晃弘
ビー・エヌ・エヌ新社
2017年02月21日刊/本体2,600円+税
http://www.bnn.co.jp/books/8517/