奈良古美術セミナーハウスが景観調和賞を受賞

一般社団法人奈良県建築士会主催「奈良県景観デザイン賞2016」において、多摩美術大学の「奈良古美術セミナーハウス(設計:環境デザイン学科・岸本章教授)」が景観調和賞を受賞しました。
奈良県の景観を魅力的にしている、過去3年以内に奈良県内に建った建築物・工作物を対象とする賞で、特に周囲との調和に配慮がなされ、景観の向上に寄与する建築物として評価されました。

本学セミナーハウスに関する詳細は、以下よりご覧いただけます。
http://www.tamabi.ac.jp/prof/facilities/seminar_h.htm