神奈川県美術展 卒業生が工芸部門大賞を受賞

花塚愛「水めぐり」

第53回神奈川県美術展(主催:神奈川県美術展委員会、神奈川県民ホール、神奈川県)において、05年工芸卒業の花塚愛さんの「水めぐり」が工芸部門の大賞を受賞しました。また、平面立体部門では07年大学院彫刻修了の横倉裕司さんが美術奨学会記念賞、12年大学院工芸修了の内田望さんがはまぎん財団賞にそれぞれ選出されました。
受賞作品は、6月14日(水)から神奈川県民ホールギャラリーで展示されます。

第53回神奈川県美術展
1期展[平面立体]2017年6月14日(水)〜6月21日(水)
2期展[工芸・書・写真]6月24日(土)〜7月1日(土)
 *6月22日、23日は休み

各部門の審査員によるギャラリートーク
[平面立体]6月18日(土)10:30〜11:30
[書]6月24日(土)10:30〜11:30
[工芸]6月24日(土)13:30〜14:30
 *工芸学科・留守玲非常勤講師が参加
[写真]6月24日(土)15:30〜16:30
 *グラフィックデザイン学科・上野修非常勤講師が参加

会場:神奈川県民ホールギャラリー
   神奈川県横浜市中区山下町3-1

第53回神奈川県美術展、大賞作品決定のお知らせ:
http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p1143291.html