「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」にPBL受講生が参加

アートに特化した本の祭典「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」に、多摩美生たちが参加します。
参加するのは課題解決型の授業を行うPBL科目「パーソナル・パブリッシングⅠ(フィジカル)」を履修した有志18名。この科目では書物としての情報の特性や個人出版について考察しており、その授業の成果物を出展します。
同フェアは今年で9回目を迎え、天王洲アイルの会場に国内外の出版社、書店、ギャラリー、アーティストなど約350組が参加して行われます。さらに同地区に位置するギャラリー、ショップとも連動し、過去最大規模のスケールでの開催が予定されています。
本学からは上記以外にも、大学院で情報デザインを専攻する学生グループなどの参加が予定されています。

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2017
出展名:TAMABI PPP

会期:2017年10月6日(金)~8日(日)
   12:00〜20:00 ※8日は11:00〜19:00
入場料:無料
会場:寺田倉庫
   東京都品川区東品川2-6-10
   最寄り:天王洲アイル駅(東京モノレール、東京臨海高速鉄道)

【プレビュー・オープニングレセプション】
日時:2017年10月5日(木)15:00〜21:00
入場料:1,000円

イベントホームページ:http://tokyoartbookfair.com

 
関連情報:PBL科目の詳細についてはこちらのページをご覧ください

科目提供学科:美術学部情報デザイン学科情報デザインコース
お問い合わせ:情報デザインコース研究室(電話:042-679-5630)
※次年度の履修を検討している方も見学にお越しください。