「Stratasys 3Dプリンティング・フォーラム 2017」で学生が成果発表

3Dプリンティングのリーディングカンパニーであるストラタシスが主催する「Stratasys 3Dプリンティング・フォーラム 2017」にて、PBL科目「3Dプリンティングデザイン」を履修した学生たちが成果報告と作品発表を行います。
ここ数年ですっかり定着したデジタルファブリケーションですが、本授業ではその中でも3Dプリンティングに着目し、「3D+ONE」をテーマにさらに進んだ表現を模索。作成されたCADデータから3Dプリントによる試作を繰り返し、その構築過程からパラメトリックデザインなど、新しい技法や考え方の発見の機会を提供し、その可能性について考察しました。
今回のフォーラムでは国内外の企業などとともに、美術教育の中で3Dプリンティングがどのように活用されるのか、多摩美生のものづくりに対する思考と作品の発表が行われます。

Stratasys 3Dプリンティング・フォーラム 2017

日時:2017年10月17日(火)
   9:30~18:00 ※本学発表は16:30~17:10
入場料:無料(要事前申し込み)
会場:紀尾井カンファレンス
   東京都千代田区紀尾井町1-4
   最寄り:赤坂見附駅、永田町駅(東京メトロ)
イベントホームページ:https://www.event-site.info/3dprintingforum/japan/

関連情報:PBL科目の詳細についてはこちらのページをご覧ください

科目提供学科:美術学部情報デザイン学科情報デザインコース
お問い合わせ:情報デザインコース研究室(電話:042-679-5630)
※次年度の履修を検討している方も見学にお越しください。