多摩美術大学 生涯学習プログラム あそびじゅつ

ホーム  >  講座レポート  >  『修復(しゅうふく)』ってどんなこと?

講座レポート

2012年7月24日(火)

あそびじゅつレポート

「『修復(しゅうふく)』ってどんなこと?」

「修復」っていうと、何だかむずかしく思うけど、そんなことはぜんぜんないんだよ。大事なものがこわれちゃったら、きみならどうする? 新しいのを買った方が楽? それが思い出もつまっている「ただひとつのもの」だったら すてたりできないよね? 昔の人も同じ。大切なものを直しては使うを繰り返してきたんだ。今の人も、昔の人たちが大切に直してきた宝物を、これからもずっとずっと直していくよ。そうやって未来に大切なものをつなげていくんだ。きみの大切なものを大事に守って、未来のきみに見せてあげようよ。

こんなに多くの子どもたちが修復に興味を持っていることに、驚きと喜びを感じました。お昼休みに、小学校4年生の男の子が発した「将来、修復の仕事をしたい」の言葉に仰天し、おもわず「まだ早いよ」と言ってしまいました。今回、「修復」にふれることで子どもたちに伝えたかったのは、もの(・・)を大切にする気持ちを育むことはもちろん、もの(・・)にたくさん手を掛けて、自分だけの宝を持って欲しいということです。自分だけの宝を持つということは、自身の生きる強さに繋がると信じています。

<文:高宮洋子>

講師:

高宮洋子(修復家、美術家、本学非常勤講師)

場所: 多摩美術大学 上野毛キャンパス
対象: 小学4年生~中学3年生
人数: 30名
【多摩美術大学生涯学習センター】
〒192-0394 東京都八王子市鑓水2-1723 Tel. 042-679-5707
Copyright © 2014 Tama Art University.

ページの先頭へ戻る