多摩美術大学 生涯学習プログラム あそびじゅつ

ホーム  >  講座レポート  >  こどもオープンアトリエ―自分だけの美術の冒険旅行(ぼうけんりょこう)―考える、そして表現(ひょうげん)する3日間

講座レポート

2012年8月7日(火)、8日(水)、10日(金)

あそびじゅつレポート

「こどもオープンアトリエ―

 自分だけの美術の冒険旅行(ぼうけんりょこう)

 ―考える、そして表現(ひょうげん)する3日間」

みんな、大変だったね。「つくること」は、いっぱい考えて、たくさん失敗して、ようやく形になっていくということ、わかったね。でも失敗は すばらしかったね。だって失敗したから、いろいろ考えて、工夫して、作品が生まれたんだもんね。きみたちが この夏つくったものはとても大切。いく度も見て、考えて、また、手を加えていくことで、もっと すてきな作品になるし、すばらしい時間を手にすることができるよ。作品を、かんたんに できあがったと思わずに、まだできていないと考えて、いつまでも、作品にふれていてほしいな。

作るものが自由ということは、作ることが自由ということで、それは子どもにとって とても大変なこと。まず、作るものを考えなければなりません。いつも何をしようと言われる目的が必ず存在する教育のなかで、実は何もやらなければいけないものがないというのは、それは大変だったようです。

まず渡されたスケッチブックに、構想を記します。絵を描き、言葉を記し、いく度も悩み、ようやく形が生まれました。さて これからがまた難関。素材を選びます。どこのどの素材をどのように加工していくか、あるいはどのような紙に どの描画用具で描くかを、また考えなければなりません。この繰り返しが、計画をすることの意味と、考えることの楽しさを子どもたちに感じさせたようでした。

家に持ち帰った作品が、さらに手を加えられることを願っています。

<文:海老塚耕一>

相談員:

海老塚耕一(美術家、本学教授)、川島亮子(美術家)、

三田健志(美術家)

場所: 多摩美術大学 上野毛キャンパス
対象: 小学1〜6年生
人数: 44名
【多摩美術大学生涯学習センター】
〒192-0394 東京都八王子市鑓水2-1723 Tel. 042-679-5707
Copyright © 2014 Tama Art University.

ページの先頭へ戻る