多摩美術大学 生涯学習プログラム あそびじゅつ

ホーム  >  講座レポート  >  こわして、つくる、そして○○

講座レポート

2012年8月22日(水)

あそびじゅつレポート

「こわして、つくる、そして○○」

ものをこわすと悲しい気持ちになる。しかられたりもする。悲しくなったり、こわい思いをしたりするのは いやだね。だから、ものを大切にする。でも、こわすことって、そんなに悪いことじゃない。こわしたものをよく見てみれば、いろいろな形や、色が見えてきたね。こわしたものを素材にしたら、いろいろな作品が生まれたね。それって、こわしたものは、そこで終わりじゃなくて、始まりだってこと、みんな気づけたんじゃないかな。こわすことは つくることでもあるんだね。

こわすことに最初は抵抗がある様子でした。けれど、一度こわしはじめてみると、こわすことの面白さを見つけ出したようで、叩いたり、踏んだり、考えながらこわしているようでした。

また、こわしたものを拾い集め、制作し、素材が足りなくなればまたこわす。それも、自ら率先して素材をこわして作り出すのですから、子どもたちの行動力と想像力には本当に驚かされます。

元の形にとらわれることなく制作する子どもたちは、さまざまなものが素材になることを、私たち以上に感受しているのかもしれません。

<文:TAMA VIVANT ll 2012 企画室>

講師:

海老塚耕一(美術家、本学教授)

企画サポート:

本学美術学部芸術学科 TAMA VIVANTⅡ2012企画室

場所: 多摩美術大学 八王子キャンパス
対象: 小学1~6年生
人数: 57名
【多摩美術大学生涯学習センター】
〒192-0394 東京都八王子市鑓水2-1723 Tel. 042-679-5707
Copyright © 2014 Tama Art University.

ページの先頭へ戻る