2010年度秋冬期講座

講座番号
3116

イタリア・ルネサンス―16世紀後半のヴェネツィア絵画

1545年から1563年まで開催された、ローマ教会の立て直しをはかるトレント公会議の影響は、ヴェネツィアの画家・ティントレットにおいて最も顕著に見て取れます。その図像と様式の特徴を、サン・ロッコ同信会館の装飾を中心にわかりやすく解説していきます。

講座内容

第1~2回 ティントレットの初期活動
第3~5回 サン・ロッコ同信会館の装飾

開講日 2010年10月9日、23日、11月6 日、20日、12月4日の土曜日 全5回
時間 10時30分~12時00分
場所 上野毛キャンパス
受講料 9000円
定員 50名
申し込み締切 9月18日必着
講師 松浦弘明[美術史家、本学教授。専門はイタリア中世・ルネサンス絵画史 ]