2010年度秋冬期講座

講座番号
3129

日本画を描く―さまざまな表現の調和

日本画の伝統技法に新しい技法を加え、共存させた表現を試みてみましょう。まずは気軽にさまざまな技法、画材を組み合わせ自由に描いてみます。銀箔押しや揉み紙を試み、岩絵具やアクリル絵具なども併用しながら、自分だけの独特のマチエール表現を探していきます。

講座内容

第1~8回 講義/花のデッサン/下地制作―銀箔押し、揉み紙/骨描き/表現研究―型押し、画材の併用法/彩色/仕上げ

開講日 2010年10月7日〜12月9日の木曜日(10月28日、11月4日除く) 全8回
時間 10時00分~12時30分
場所 上野毛キャンパス
受講料 3万400円(材料費別途1万2000円)
定員 22名
申し込み締切 9月16日必着
講師 吉田有紀[美術家。日本画的な表現にとらわれず、新しい絵画のあり方を追求し続ける ]