2010年度春期講座

講座番号
1124

金属にふれる―たたく、のばす、とかす(鋳金と鍛金)

 身の回りのどこにでもある金属。そのありのままの姿にふれることは少なくなっています。
金属は錆びて、やがて朽ちていくので、表面は塗料などで保護されています。
そんなベールを取り除いた金属と出会うとき、何を感じ、想うのでしょう。体験して楽しんでください。

講座内容

第1~3、9、10回
ブロンズでペーパーウェイトをつくる(構想デッサン/蝋原型を好きなかたちに制作し、溶かした金 属を流す/着色)
第4~8回
錫の塊を叩いて器状にする/錫を溶かす/鉄の棒をねじる/アルミの板を加工(叩く・接合 他)し、好きなかたちに制作
開講日 2010年5月7日~7月9日の金曜日 全10回
時間 10時30分~19時30分
場所 上野毛キャンパス
受講料 3万8000円(材料費別途1万1000円)
定員 15名
申し込み締切 4月17日必着
講師 宇野務[彫刻家。ブロンズや石膏を素材に、イタリア式蝋型鋳造の技法で心象風景を探る]