2011年秋冬期講座

講座番号
3113

イタリア美術探訪

1600年に公開されたコンタレッリ礼拝堂の装飾は高い評価を得て、カラヴァッジョの名前は広く知られるようになります。以降、彼は1606年に殺人を犯してローマから逃亡せざるを得なくなるまで、最も充実した時期を過ごしました。この円熟期の仕事を追っていきます。

講座内容

第1~2回 ローマの聖堂装飾
第3~5回 ローマでの仕事

開講日 2011年10月1日、15日、29日、11月12日、19日の土曜日 全5回
時間 10時30分~12時00分
場所 上野毛キャンパス
受講料 9000円
定員 50名
申し込み締切 9月10日必着
講師 松浦弘明[美術史家、本学教授。専門はイタリア中世・ルネサンス絵画史 ]