2011年秋冬期講座

講座番号
3129

日本画で抽象画を描く

まずは日本画の画材と色彩豊かな岩絵具の魅力にふれていきます。隣り合う色の鮮やかさ、和紙に広がるにじみや濃淡からどのような表現へとつながっていくのでしょう。難しいと考えがちな抽象の世界も、日本画材の特性をきっかけとして、身近なものになるかもしれません。

講座内容

第1~8回 講義―日本画の画材にふれる/和紙に裏彩色/抽象表現を探る(複数の技法や水性絵具を併用)/制作/講評

開講日 2011年10月1日~12月3日の土曜日(11月5日、26日除く) 全8回
時間 13時30分~16時00分
場所 上野毛キャンパス
受講料 3万400円(材料費別途1万円)
定員 22名
申し込み締切 9月10日必着
講師 武田州左[画家、本学准教授。岩絵具の発色を研究し、鮮烈な色彩による抽象作品を制作]