2011年秋冬期講座

講座番号
3130

静物を描く―画面を彩るその前に

油絵具の持つ色彩や質感をそのまま生かすだけでない、さまざまな表現を試みます。絵具の定着や発色、地塗りや凹凸で変化する効果を楽しみながら、静物を描いてみましょう。目の前のモチーフと自分でつくる絵肌が重なり合ったとき、そこにはどんな世界が生まれるでしょう。

講座内容

第1~8回 講義―画面を構築する面白さ/制作(構想、スケッチ、下地と絵肌づくり)/表現と効果(光、凹凸、構図)

※アクリル絵具の使用も可能。

開講日 2011年10月4日~12月6日の火曜日(11月1日、8日除く) 全8回
時間 10時00分~12時30分
場所 上野毛キャンパス
受講料 2万8000円(材料費・モチーフ代別途6000円)
定員 22名
申し込み締切 9月13日必着
講師 阿曽沼明[画家。下地素材に金箔を用いて、その質感や現象を生かした絵画表現を追求]