2011年度春期講座

講座番号
1114

人間の美術史―人間は、なにを描いてきたか

人間と美術の全史を眺める講座の第12期のテーマは、20世紀美術の故郷を巡る三都物語。ガウディの大伽藍、ミュシャの熱狂、ラリックの輝き、ビアズリーの耽美で開幕した現代の美術・工芸・デザインのラビリンスを読み解きながら、ベル・エポックの都市美学を堪能します。

講座内容

第1回 ガウディとバルセロナ ピカソとミロの原風景
第2回 ベル・エポックのパリ ミュシャとラリック
第3回 ビアズリーとロンドン 芸術と工芸のはざまで

開講日 2011年5月14日、6月11日、7月9日の土曜日 全3回
時間 15時30分~17時00分
場所 上野毛キャンパス
受講料 5400円(1回ごとの受講も可能・1回2500円)
定員 50名
申し込み締切 4月20日必着
講師 西岡文彦[本学教授。美術書や『世界一受けたい授業』等テレビ番組で、名画の楽しさを紹介]