2011年度春期講座

講座番号
1119

はじめる前の絵画―日本画とアクリル画、そして絵画とは・・・

絵を描くことは誰でもできることです。いつでも生活とともにあり、難しいことではありません。今回は絵画のふたつの方法を試みてみます。力を抜いて気軽に始めてみたら、きっと描くことの喜びが少しずつ感じられ、そこから絵画の多様な意味が見えてくるでしょう。

講座内容

第1~5回 「日本画」(松下宣廉)
講義―毛筆の線描表現と岩絵具の発色/貝や果物を写生、水彩で着彩(習作)/パネルに制作(本画)

第6~10回 「アクリル画」(木嶋正吾)
講義―自分の絵肌探し、テクスチャーとは/触覚的・視覚的な表現/コラージュで制作

※前半「日本画」のみ、後半「アクリル画」のみの受講も可能。

開講日 2011年5月10日~6月7日/6月14日~7月12日の火曜日 全10回
時間 10時00分~12時30分
場所 上野毛キャンパス
受講料 3万5000円(材料費別途1万円)、半期1万9000円(材料費別途日本画5500円、アクリル画4500円)
定員 22名
申し込み締切 4月16日必着
講師 松下宣廉[日本画家、本学教授。伝統的な日本画絵具の美しさを生かした表現を追求]
木嶋正吾[画家、本学教授。金属やハガキ等、日常のさまざまな素材を用いて抽象画を制作]