2011年度春期講座

講座番号
1121

はじめる前の彫刻―漆でつくり、彩るかたち

彫刻はさまざまな素材でつくられています。木、石、ブロンズ、鉄、アルミニウムと、数え上げたらきりがありません。そんな多様な素材のなかから、今回は漆を扱います。木や石などの自然物とのコラボレーションから、彫刻とはどのようなものかを考え、制作してみましょう。

講座内容

第1~7回 講義―縄文時代にみる乾漆技法/構想/各自集めた自然物を組み合わせ、漆で成形/磨き/彩色/仕上げ

開講日 2011年5月25日~7月6日の水曜日 全7回
時間 10時00分~12時30分
場所 上野毛キャンパス
受講料 2万5900円(材料費別途6500円)
定員 15名
申し込み締切 5月6日必着
講師 髙宮洋子[保存修復家、作家、本学非常勤講師。乾漆による作品制作や文化財の保存修復も行う]