2011年度春期講座

講座番号
1123

細密画を描く―光と影で質感を表現する

細密画とは、対象を緻密な描法で描いた絵画のことです。今回は、現代の画材ともいえるアクリル絵具の描きやすさと発色の透明性を生かして、静物画を描きます。画面のなかにあなただけの時間を刻み込むように、丁寧にじっくりとひとつの作品を描いてみませんか。

講座内容

第1~9回 講義―アクリル絵具、下地について/板に下地を制作(塗り、研磨)/細部の描写、光と影の描き方/講評

開講日 2011年4月20日~7月6日の水曜日(5月4日、6月8日、15日除く) 全9回
時間 13時30分~16時00分
場所 上野毛キャンパス
受講料 3万4200円(材料費・モチーフ代別途6500円)
定員 22名
申し込み締切 3月30日必着
講師 百瀬智宏[画家。ヨーロッパ各地の光と影、日本の四季をモチーフに詩情に満ちた作品を制作]