2011年度春期講座

講座番号
1136

あそびじゅつ―つくりながら、見ること・考えることの楽しみを発見しよう

見ることって、楽しいよ。
それは、とてもすてきなあそびなんだ、
あそびじゅつの日は、みんなの目で、
いろんなものをたくさん見ていこう。
そう、それはね、じつはつくることでもあるんだよ。
小さなもの、気づかなかったものを、
みんなでいっしょにつくりながらさがしてみよう。

開講日・講座内容

 A  2011年4月23日(土) 「100枚の小さな紙に、描いて、つなげて、1枚の絵をつくろう」
となりにはどんな絵が来るのかな。そのとなりは? その下は? いろいろつなげて1枚の絵、完成!

 B  5月7日(土) 「Tシャツで彫刻をつくり、表面に描こう」
いつも自分の体が入るところに新聞紙を入れて、立体にして、“おもしろかたち”つくってみたら なにになる?

  6月4日(土) 「板を切ってつなげて、動く作品をつくってみよう」
自分で板を切って、穴をあけて、ひもを通して、“グニャグニャかたち”の作品をつくってあそぼう。

  7月9日(土) 「手のなかの大切なかたち」
手にとって、ふれて、とってもやさしくなれる、そんな“やわらかかたち”を見つけてみよう。

※1回ごとの募集となります。希望回をご記入ください。

時間 10時00分~15時00分
場所 上野毛キャンパス
受講料 各3000円(材料費別途1000円)
定員 各50名
申し込み締切 A:4月2日、B:4月13日、C:5月14日、D:6月18日必着
講師 海老塚耕一[美術家、本学教授。素敵なあそびとしての美術の楽しさを、制作と理論から探る]
対象 小学1~6年生
※4月以降の学年でお申し込みください。