2011年度夏期講座

講座番号
2112

美術のはなし―どうして描かれたの? 洞窟壁画

今の人間-ホモ・サピエンスが生まれた後期旧石器時代
(約3万年から1万年前)に描かれた
牛や馬、そしてシカ、ヤギなどの絵が
南フランスや北スペインの洞窟に残っているんだ。
そんな昔に、なぜこのような絵が描かれたのかな、考えてみよう。
洞窟の壁がどんなかたちをしているのか、想像しながらね。
きっと不思議でいっぱいだ。

【対象: 小学1~3年生】

開講日 2011年7月23日(土) 全1回
時間 10時30分~12時00分
場所 上野毛キャンパス(東急大井町線上野毛駅から徒歩3分)
受講料 1000円
定員 【小学1~3年生】 50名
申し込み締切 7月9日必着
講師 本江邦夫[美術評論家、本学教授]