2011年度夏期講座

講座番号
2112

美術のはなし―光と色があそんでる 印象主義の絵画

19世紀後半のヨーロッパには、
光と色の関係を考えた画家たちがいた。
彼らは光の変化によって、
もの‐つまりリンゴや水、そして風景などの
色調が変化していくことを知り、
固有の色彩で描くことを否定して制作した。
絵をながめると、あたかも空気がゆれているようにも見えるよ。
絵とゆっくり お話しながら、
そのおもしろさと素敵を発見してみよう。

【対象: 小学4年生~中学3年生】

開講日 2011年7月23日(土) 全1回
時間 13時30分~15時00分
場所 上野毛キャンパス(東急大井町線上野毛駅から徒歩3分)
受講料 1000円
定員 【小学4年生~中学3年生】 50名
申し込み締切 7月9日必着
講師 本江邦夫[美術評論家、本学教授]