2012年度秋冬期講座

講座番号
3113

歌舞伎―所作事から江戸を観る

歌舞伎の「華」といわれる所作事(舞踊)から、江戸歌舞伎の魅力を探っていきます。所作事もさまざまなジャンルがありますが、今回は特に現代人の眼からは難解といわれる「顔見世舞踊」と「変化舞踊」に焦点を当て、江戸の人々の感性や風俗など映像を交えて観ていきます。

講座内容

第1回 「顔見世舞踊」とは
第2回 現存作品『四天王楓江戸粧』などを中心に観る
第3回 「変化舞踊」とは
第4回 『傀儡師』『玉屋』他、風俗舞踊を中心に観る
第5回 全曲残る『六歌仙容彩』などの変化舞踊を考察

開講日 2012年9月25日、10月9日、23日、11月20日、12月4日の火曜日 全5回
時間 14時00分~15時30分
場所 上野毛キャンパス
受講料 1万円
定員 30名
申し込み締切 9月4日必着
講師 大倉直人[歌舞伎・舞踊研究家。日本大学芸術学部研究員を経て、現在日本橋学館大学非常勤講師]