2012年度秋冬期講座

講座番号
3119

ケルト文化と美術の魅力 ―アイルランドからボヘミアまで〈芸術人類学研究所連携講座〉

ヨーロッパの基層文化「ケルト」のデザインには、「ユーロ=アジア世界」を貫く「生命の表象」が息づいてきました。本講座では、神話の宝庫でもあるケルトの古代から近現代の復興運動までを「再生の美学」を軸に、多数の現地写真と映像から探っていきます。

講座内容

第1回 ケルトの装飾デザインとアール・ヌーヴォー
第2回 装飾写本『ケルズの書』にみる再生の美学
第3回 ケルト・リバイバルとアーサー王伝説

開講日 2012年11月10日、12月8日、15日の土曜日 全3回
時間 15時30分~17時00分
(第3回のみ17時00分~18時30分)
場所 上野毛キャンパス
受講料 6000円(1回ごとの受講も可能・1回2500円)
定員 50名
申し込み締切 10月20日必着
講師 鶴岡真弓[美術文明史家、本学芸術人類学研究所所長、本学教授。共著に『ケルトの歴史』]

本講座のみ、Eメールでのお申し込みも可能です。

必要事項を記入のうえ、下記アドレスまでお送りください。

必要事項

  1. 講座名「ケルト文化と美術の魅力」
  2. 受講希望回(「全回」または第1・2・3回)
  3. 郵便番号・住所・氏名(フリガナ)
  4. 性別
  5. 生年月日
  6. 電話番号
  7. 学生は学校名・学年、本学卒業生はその旨
  8. 「HPをみて申し込み」と明記

お申し込み先

 

   life@tamabi.ac.jp