2012年度秋冬期講座

講座番号
3126

水彩画表現の魅力―変化する画面を花で彩る

日本の伝統的な道具である「扇子」と「屏風」。そこには、画面が折れ曲がることによる面や形の変化、明暗や濃淡の見え方の変容など、平面とは異なる効果が生まれます。今回は透明水彩絵具で扇形と屏風形式の画面に描き、箔や墨流しなどを施し、水彩画表現の可能性を追求します。

講座内容

第1~6回 講義―平面が立体になる魅力、日本画の技法を用いて/扇子に花を描く(仕立ては発注)、屏風形式の作品を制作

開講日 2012年10月19日~12月7日の金曜日(11月2日、23日除く) 全6回
時間 13時30分~16時00分
場所 上野毛キャンパス
受講料 2万2800円(材料費・モチーフ代別途9000円)
定員 22名
申し込み締切 9月28日必着
講師 安田敦夫[画家。身近な風景や静物を主題に、伝統的な技法を用いて緻密で繊細な作品を制作]