2012年度秋冬期講座

講座番号
9112

版画自由工房〈銅版画・木版画〉

技術を身につけた方々のために、工房を開放します。自由な雰囲気のなかで、版画を制作してみませんか。何かが変わるはずです。基本的には自主制作の場ですが、制作上の疑問は相談員がともに考えます。

講座内容

◎夏期のみ、特別に1日4時間の開放となります。
◎技法の指導はいたしません。
◎銅版・木版とも同じ工房で制作します。

開放日時

※通年開講講座のため、常時お申し込みを受け付けています。夏〜冬期のスケジュールは下記の通りです。

【夏期】
2012年7月24日(火)~26日(木)、8月7日(火)~9日(木)、21日(火)~23日(木)、28日(火)~30日(木)
13時00分~17時00分

【秋期】
9月20日~12月6日のうちの火・水・木曜日(10月30日~11月6日除く)
17時00分~20時00分

【冬期】
2013年1月8日~3月21日のうちの火・水・木曜日(2月26日~3月14日、20日除く)
17時00分~20時00分

場所 上野毛キャンパス
受講料 回数券制(1年間有効)15回分3万円/7回分1万6000円
相談員 大塩紗永[美術家。木版で水・油性凹凸版を中心に、近年は版画を用いたタブロー表現も追求]
大矢雅章[版画家。エッチングによる独特な漆黒を持つ大型銅版画を制作]

ゲスト相談員(秋・冬期)
河内成幸[版画家、本学客員教授。簡潔で動きのある線を求め、凹版刷り水性木版画技法で表現]
小浦昇[版画家、本学非常勤講師。カラーの銅版画を中心に制作。作品は書籍等にも採用]
古谷博子[版画家、本学非常勤講師。透明感ある色と多様な画肌による水・油性木版画を制作]
渡辺達正[版画家、本学教授。銅版画の幅広い技法を指導し、自身もさまざまな技法で制作]