2012年度春期講座

講座番号
1112

人間の美術史―人間は、なにを描いてきたか

本講座は各回前日までお申し込みを受け付けております。

人間と美術の全史を眺める講座の第14期のテーマは前衛芸術の誕生。2つの大戦にはさまれた時代の不安と反抗の精神が生み出した、ほとばしる激情表現が抽象絵画の誕生を経て、芸術の否定としてのダダ、人間の無意識の解放としてのシュルレアリスムに至る激動史を眺めます。

講座内容

第1回 表現主義から抽象へ カンディンスキーの眼
第2回 ダダ、否定の美学 デュシャンの反逆精神
第3回 シュルレアリスム ブルトンとダリの心理

開講日 2012年4月14日、6月2日、7月14日の土曜日 全3回
時間 15時30分~17時00分
場所 上野毛キャンパス
受講料 5400円(1回ごとの受講も可能・1回2500円)
定員 50名
申し込み締切 3月24日必着
講師 西岡文彦[本学教授。美術書や『世界一受けたい授業』等テレビ番組で、名画の楽しさを紹介]