2012年度春期講座

講座番号
1126

はじめる前の絵画/日本画―画材と道具に親しむことから

和紙や膠、岩絵具、胡粉や箔など日本画の画材は一般になじみのないものかもしれません。それらの画材の性質や道具の使い方などを踏まえながら、デッサンから水彩画、日本画へと描いていきましょう。画材と技法の調和による日本画の多彩な魅力にふれてみませんか。

講座内容

第1~10回 講義―岩絵具と道具の使い方/構図、形のとらえ方、陰影の理解(水彩画)/揉み紙、箔押し(下地)/日本画制作

開講日 2012年5月10日~7月12日の木曜日 全10回
時間 10時00分~12時30分
場所 上野毛キャンパス
受講料 3万8000円(材料費別途1万1000円)
定員 22名
申し込み締切 4月16日必着
講師 吉田有紀[美術家。日本画的な表現にとらわれず、新しい絵画のあり方を追求し続ける]