2012年度春期講座

講座番号
1127

はじめる前のドローイング―目と手で感じ、描いてみると・・・

見ること、感じることにほんの少し意識を傾けてみましょう。すると身の回りのものからイメージへの糸口が生まれたり、手や身体の感覚が、かたちを生み出すヒントをくれるかもしれません。多くの方法を試し、描きながら、自分の表現につながる手掛かりを探ってみましょう。

講座内容

第1~5回 「目の思考」(三田健志)
色や模様を集めて素材にする/画材をあそび、表現の幅を広げる/言葉や写真の力を借りる

第6~9回 「手の思考」(田中七星)
破いて描いてつなげて/言葉によるイメージから/墨と身体のみで描く/観察とトリミング

開講日 2012年5月12日~7月7日の土曜日 全9回
時間 13時30分~16時00分
場所 上野毛キャンパス
受講料 3万4200円(材料費別途9000円)
定員 22名
申し込み締切 4月18日必着
講師 田中七星[表現者、武蔵野美術大学非常勤講師。身体の記憶や思考を痕跡として描き、表現]
三田健志[美術家。イメージの発生について研究。虚実の間を往還する浮遊感ある作品を制作]