2013年度春期講座

講座番号
1118

水彩表現の可能性を探る―これからも描き続けるために

透明感ある軽やかな筆致から油絵のような重厚な絵肌まで、水彩画の魅力は、色やその重なり、質感などの多彩な表情にあります。今回は、不透明水彩を併用して色の深みや幅を広げ、水彩表現の可能性を探します。これからも描き続けるために、新たな表現を獲得してみませんか。

講座内容

講義―水彩の技法と表現/風景(野外スケッチ)/不透明水彩の種類と効果/静物(花を描く)/人物(着衣)/自由制作

開講日 2013年5月9日~7月11日の木曜日 全10回
時間 10時00分~12時30分
第2・3回のみ10時30分~13時
場所 上野毛キャンパス、第2・3回のみ昭和記念公園(現地集合・現地解散)
受講料 4万円(モデル・モチーフ代別途7000円) ※野外スケッチの交通費は各自お支払いいただきます。
定員 22名
申し込み締切 4月15日必着
講師 小野仁良[画家。人物を媒体とした油彩画を制作。現代における具象表現の方向性を探究]