2014年度秋冬期講座

講座番号
3212C

アトリエのにおいC—浮世絵から現代木版―木版画の広がり

版画工房で、
14au03_hanga.jpg 見て、聞いて、手を動かし
作品が生み出される空間を体感してみましょう

木版画は、木の板を彫り、刷毛で絵具をのせて和紙に刷る。木と和紙という素材とじっくり対話する技法です。工房で学生の多彩な技術と表現を見るとともに、皆さんご自身で伝統的な浮世絵版画の版木を刷ってみます。木版画の魅力をさまざまな視点から堪能してみませんか。

 

開講日 2014年12月13日(土) 全1回
時間 10時30分~15時30分
場所 八王子キャンパス
受講料 5000円(演習費等含む)
定員 20名
申し込み締切 11月22日必着 ※締め切り日を過ぎても受講可能な場合もあります。お問い合わせください。
講師 古谷博子[版画家、本学絵画学科版画専攻教授。透明感ある色と多様な画肌による水・油性木版画を制作]

本講座は〈シリーズ講座〉です。

1回ごとの募集ですが、是非、他の回もご参加ください。

「アトリエのにおい」

作品が生み出される場所、すなわちアトリエには、それぞれ独特の「におい」があります。制作者は、その「におい」の虜になっているのかもしれません。そんなそれぞれのアトリエで、つくることの秘密を観て、聴いて、感じて、体験してください。きっと、何かが変わりますから。

 A  2014年10月18日(土)環境デザインの工房から「自分にとっての究極の椅子を探す」

 B  2014年11月29日(土)メディア芸術のアトリエから「アトリエから宇宙へ―宇宙のいろ、宇宙のにおい」

 C  2014年12月13日(土)版画工房から「浮世絵から現代木版―木版画の広がり

※2015年春期以降も継続して開催する予定です。