2015年度秋冬期講座

講座番号
3213

水彩画を描こう―みずゑの世界を楽しむ

水彩絵具から広がるみずゑの世界をあそびます。白色のモチーフを描き分け「白を表現する」試みや、展覧会で水墨画にふれたりするなかから、色彩についてもう一度考えます。銀筆やテンペラも試し、自分のイメージと融合させたなら、豊かな色やかたちが溢れてくるでしょう。

講座内容

講義―色彩の世界/白いものを描く/対比する言葉からのイメージ/ヌードを描く/展覧会鑑賞/銀筆で透明なものを描く

開講日 2015年10月5日~12月14日の月曜日(10月12日、11月2日、23日除く) 全8回
時間 13時30分~16時00分
場所 八王子キャンパス、11月16日のみサントリー美術館(六本木、現地集合・現地解散)
受講料 3万2000円(材料費・モチーフ代別途1万円)※初めての方は他に水彩絵具代実費。※入館料は各自お支払いいただきます。
定員 20名(抽選)
申し込み締切 9月14日必着 ※締切日を過ぎても受講可能な場合もあります。お問い合わせください。
講師 小林裕児[画家、本学教授。絵画本来の持つ物語性に魅かれ、さまざまな表現を試みる]