2015年度春期講座

講座番号
1211A

アトリエのにおいA 工芸・金属の工房からー「金属のつくるかたち」

工芸・金属の工房で、
15sp01_kinzoku.jpg見て、聞いて、手を動かし
作品が生み出される空間を体感してみましょう

硬くて冷たい―そんな金属のイメージを覆してみませんか。熱を加えたり、たたいて成形したり、人の手によってさまざまなかたちや表情に変化する素材の魅力にふれてみましょう。工房に並ぶ道具や機械を使って生まれる音やにおいも含めて、金属工芸の面白さを体感します。

 

 

開講日 2015年5月23日(土) 全1回
時間 10時30分~15時30分
場所 八王子キャンパス
受講料 5000円 /「アトリエのにおい」A〜C全3回受講の方は1万3500円(いずれも演習費等含む)
定員 20名(抽選)
申し込み締切 4月24日必着 ※締切日を過ぎても受講可能な場合もあります。お問い合わせください。
講師 小林光男[鍛金作家、本学教授。金属にやわらかさと温もりを与える作品を制作]

本講座は〈シリーズ講座〉です。

1回ごとの募集ですが、是非、他の回もご参加ください。

「アトリエのにおい」

作品が生み出される場所、すなわちアトリエには、それぞれ独特の「におい」があります。制作者は、その「におい」の虜になっているのかもしれません。そんなそれぞれのアトリエで、つくることの秘密を観て、聴いて、感じて、体験してください。きっと、何かが変わりますから。

 A  2015年5月23日(土)工芸・金属の工房から「金属のつくるかたち」

 B  2015年6月13日(土)油画のアトリエから「古代の色材から―絵具って何?」

 C  2015年9月19日(土)石彫工房から「掌の山」

※2015年秋期以降も継続して開催する予定です。