2016年度秋冬期講座

講座番号
3216

風景と対話し、季節を描く―水彩でとらえる色やかたち

心に残る風景をさっと描き留めておけたら、と思ったことはありませんか。外に出て、あるいは写真を手掛かりに、木立や紅葉、建物を描きます。水彩の透明感や色の重なりを楽しんで描いたなら、目の前の景色にあなたの想いが乗り、鮮やかな風景として現れてくるでしょう。

講座内容

講義―水彩画の歴史と材料/かたちのとらえ方―山や森を描く/色の表現―紅葉をスケッチする/遠近法―建物のある風景

開講日 2016年10月13日、11月10日、12月8日、2017年1月12日の木曜日 全4回
時間 15時00分~17時30分
(12月8日のみ14時~16時30分)
場所 八王子キャンパス
受講料 1万6800円(材料費別途2000円)
定員 20名(抽選)
申し込み締切 9月21日必着 ※締切日を過ぎても受講可能な場合もあります。お問い合わせください。
講師 野村重存[画家。風景画を中心に水彩や鉛筆で自然の空気、光を素直な眼差しで描き出す]