2016年度春期講座

講座番号
1314

玉川高島屋S・Cコミュニティクラブたまがわコラボレーション講義  二日間で美術を読み解く―名画の美、芸術の魂に触れる

二子玉川で、芸術のお話にふれるひとときを楽しんでみませんか。
16sp02_tamagawa.jpgのサムネール画像

 

美術は、私たちの心を癒してくれる芸術品であると同時に、その美術品を生み出した時代の息吹を伝えてくれる歴史の証言でもあります。そんな美術を読み解く楽しさを通して、私たちの目や心をさらに豊かにしてくれる、美のヒントに出会うためのワクワクの二日間です。

お申し込み・お問い合わせは、コミュニティクラブたまがわ事務局(下記参照)へお願いいたします。

※本学では受付は行っておりません。
※本講座は、本学生涯学習センターが企画し、コミュニティクラブたまがわが運営します。

開講日・講座内容・講師

〈4月〉2016年4月10日、24日(日) 「ダ・ヴィンチ 万能の謎」
―無学歴の天才、完全主義の悲劇、《最後の晩餐》
西岡文彦[本学教授。美術書や『笑っていいとも!』等テレビ番組で、名画の楽しさを紹介]
〈5月〉5月8日、22日(日) 「ジャズとアート―魂の音を散策する」
―黒人音楽、文化の混淆/混淆の文化、暴力、文化表現、抽象絵画と音
中村寛[文化人類学者、本学准教授。アメリカを舞台に暴力や痛苦などのテーマに取り組む]
〈6月〉6月12日、26日(日) 「カラヴァッジョ―レオナルドを超えるための手法」
―イリュージョン、五感、突出効果、リアリズム 
松浦弘明[美術史家、本学教授。イタリアの中世・ルネサンス美術史を研究]
〈7月〉7月10日、24日(日) 「17-18世紀フランスの絵画と音楽」
―ニコラ・プッサン、アントワーヌ・ヴァトー、バロック・オペラ、オペラ・バレエ 
小穴晶子[美学者、本学教授。18世紀フランスの音楽美学を研究。編著に『バロックの魅力』]
〈9月〉9月11日、25日(日)
「絵画と彫刻のあいだ―コンストラクションからインスタレーションへ」
―ピカソ、リチャード・セラ、もの派、「人間と物質」展、「プライマル・スピリット」展 
海老塚耕一[美術家、本学教授。素敵なあそびとしての美術の楽しさを、制作と理論から探る]
開講日 2016年4月10日、24日、5月8日、22日、6月12日、26日、7月10日、24日、9月11日、25日の日曜日 全10回
時間 14時00分~15時30分
場所 玉川高島屋S・C 東館4F コミュニティクラブたまがわ
(東急田園都市線・大井町線二子玉川駅から徒歩3分)
受講料 全10回 2万1600円 / 各月ごとの受講も可能、2日間で5400円
定員 80名
申し込み締切 第1次受付:3月18日必着(抽選) 第2次受付:左記以降、先着順

お申し込み方法・締切日

第1次受付: 3月18日(金)必着

ハガキ、またはE-mailに、下記の「必要事項」を記入し、お申し込みください。
定員を超えた場合は、抽選になります。
※ご受講の可否に関わらず、締め切り後1週間以内にご連絡いたします。

第2次受付: 定員に余裕がある場合のみ、第1次受付(3月18日)を過ぎても先着順で受け付けます。お電話でお問い合わせください。

お申し込み・お問い合わせはコミュニティクラブたまがわ事務局へお願いします。

 

コミュニティクラブたまがわ事務局
http://www.cctamagawa.co.jp

TEL:03-3708-6125
月~土曜 10時00分~20時00分
日曜、祝日 10時00分~17時00分
※4月29日(金・祝)、8月13日(土)~8月15日(月)はお休みさせていただきます。

必要事項

  1. 講座名「二日間で美術を読み解く」と明記の上、「全回受講」か、各月(テーマ)ごとにお申し込みの場合は「希望月」も
  2. 氏名、フリガナ
  3. 郵便番号、住所
  4. 電話番号・携帯電話番号
  5. 性別
  6. 多摩美術大学生涯学習センター受講生の方は「受講生番号」

お申し込み先

メール oubo@cctamagawa.co.jp
ハガキ 〒158-0094
東京都世田谷区玉川3-17-1-V-2
玉川高島屋S・C 東館4F
コミュニティクラブたまがわ事務局