2017年度秋冬期講座

講座番号
3311

連続講座 「世紀を歩く―美術と文化VII:16世紀」〈後期〉

人類は地域や民族によって異なった時間を持ち、それぞれ特有の思想・文化を創り上げてきました。けれども、西欧社会が中心をなしているように思いがちです。そんな既成の眼差しからはずれて、ひとつの世紀を、芸術を中心に歩くことで、人類の文化の多様さを確かめていきます。

開講日時・講座内容・講師   ※全20回のうち、後期(10月〜)の1回ごとの募集のみです。


<後期>
第11回 2017年10月21日(土) 13時30分~15時00分
「洛中洛外図の世界―狩野派の画家たち」
海老塚耕一[美術家、本学教授。素敵なあそびとしての美術の楽しさを、制作と理論から探る]
第12回 2017年10月21日(土) 15時30分~17時00分
「征服された新大陸―ダンスの移植と再生」
長野太郎[ラテンアメリカ研究者、清泉女子大学教授。ポピュラー文化としてのダンスを研究]
第13回 2017年11月18日(土) 13時30分~15時00分
「宗教改革と美術―ルターとツヴィングリの聖体論争と魔女」
池上英洋[美術史家、東京造形大学教授。イタリアの中世からバロック期の美術を研究]
第14回 2017年11月18日(土) 15時30分~17時00分
「シェークスピア」
萩原朔美[映像作家、本学教授。演劇、文章、実験映画、写真、版画等、表現の発見を繰り返す]
第15回 2017年12月2日(土) 13時30分~15時00分
「キリシタン大名―信仰と実利のはざまで」
瀬谷愛[美術史家、東京国立博物館主任研究員。日本中世絵画史、特に仏教絵画を研究]
第16回 2017年12月2日(土) 15時30分~17時00分
「イタリア・ルネサンスの黄昏―マキャヴェリと後期ルネサンスの人々」
西岡文彦[本学教授。美術書や『笑っていいとも!』等テレビ番組で、名画の楽しさを紹介]
第17回 2018年1月27日(土) 13時30分~15時00分
「南蛮貿易の門戸―邂逅のまなざし」
嶋村元宏[神奈川県立歴史博物館主任学芸員、本学非常勤講師。日本近世・近代史を研究]
第18回 2018年1月27日(土) 15時30分~17時00分
「大坂築城―豊臣政権の象徴」
中西裕樹[城郭研究者、高槻市立しろあと歴史館事務長。著書に『大阪府中世城館事典』他]
第19回 2018年2月24日(土) 13時30分~15時00分
「鉄砲伝来―戦術の変革を告げる新兵器」
栗田隆雄[歴史学者、本学非常勤講師。中・近世を研究。現在、宝積寺(群馬県)の史料を調査]
第20回 2018年2月24日(土) 15時30分~17時00分
「ドイツ・ルネサンス―デューラーを中心に」
本江邦夫[美術史家、本学教授。近・現代美術を研究。著書に『オディロン・ルドン』他]
時間 【奇数回】13時30分〜15時00分
【偶数回】15時30分〜17時00分
場所 中町ふれあいホール(世田谷区中町/東急大井町線上野毛駅から徒歩12分、または東急田園都市線用賀駅からバス10分/本学上野毛キャンパスから徒歩8分) ※駐車はできません。 ※会場は、本学キャンパス内ではありません。ご注意ください。
受講料 1回ごとの受講:各回1000円
定員 各回30名 (抽選)
申し込み締切 各回の3週間前の土曜日必着
共催 世田谷区教育委員会

本講座のみ、Eメールでのお申し込みも可能です。

必要事項を記入のうえ、下記アドレスまでお送りください。

必要事項

  1. 講座番号「3311」
  2. 講座名「世紀を歩く―16世紀」
  3. 受講希望回(「第○回」)
  4. 氏名、フリガナ
  5. 郵便番号、住所
  6. 電話番号
  7. 性別
  8. 生年月日
  9. 学生は学校名・学年、本学卒業生はその旨
  10. 「HPをみて申し込み」と明記
  11. ※「生年月日」は保険加入のために必要です。受講決定後の登録も可能です。

お申し込み先

 

   life@tamabi.ac.jp

 

本講座のお申し込み上のご注意

お申し込みは「1回ごとの受講」でお受けいたします。