2017年度秋冬期講座

講座番号
3312B

今一度・おもしろい日本美術・なぜ? 特別講座―九州国立博物館を訪ねる

日本の美術の面白さはどこにあるのでしょう。ともすれば西欧の美術・芸術に眼差しを向けがちな私たちですが、じっくりと我が国の美術・芸術を訪ねたとき、きっと心に何らかの動揺が走るでしょう。それは「新しさ」の発見とも言えます。そこには爽やかな風が流れることでしょう。
※「今一度・おもしろい日本美術・なぜ?」講座の特別回として実施します。

講座内容・場所

九州国立博物館―「新・桃山展―大航海時代の日本美術」/太宰府天満宮散策(福岡県太宰府市)
※現地集合・解散。現地までの往復の交通等は各自ご手配ください。

開講日 2017年11月9日(木) 全1回
時間 13時30分~16時30分
場所 上欄参照(現地集合・解散)
受講料 3000円 ※入館料等は各自お支払いいただきます。
定員 30名(抽選)
申し込み締切 第1次受付:9月7日必着(抽選) 第2次受付:左記以降、定員まで先着順
講師 海老塚耕一[美術家、本学教授。素敵なあそびとしての美術の楽しさを、制作と理論から探る]