2017年度春期講座

講座番号
1214

風景と対話し、季節を描く―水彩で自然の姿をとらえて

季節や時間によって変化する自然のなかの色やかたちを描き出せたら、どんなに素敵でしょう。春の花や新緑の色彩を、光と影を頼りに探り、水面や雲のかたちを、ゆらぎや映り込みを手がかりにとらえます。目に映る景色に想いをのせたら、さらに鮮やかな風景が広がるでしょう。

講座内容

講義―透明水彩の表現/写真を手がかりに描く―春の風景、水のある風景(水面、雨)、空の表情(雲、夕焼け)/新緑スケッチ

開講日 2017年4月13日、5月11日、6月8日、7月13日の木曜日 全4回
時間 14時30分~17時00分
場所 八王子キャンパス
受講料 1万6800円(材料費別途2000円)
定員 20名(抽選)
申し込み締切 3月24日必着 ※締切日を過ぎても受講可能な場合もあります。お問い合わせください。
講師 野村重存[画家。風景画を中心に水彩や鉛筆で自然の空気、光を素直な眼差しで描き出す]