2017年度春期講座

講座番号
1219

コンピュータ銅版画―衛星版画をつくろう

デジタルとアナログを組み合わせて広がる世界を楽しみましょう。宇宙から届く信号を視覚化してコンピュータでデザインし、カッティングマシンで版を彫ります。それをあなたのイメージで自由に配置して多色刷り版画にすることで、新たに生まれる表現の世界を楽しみます。

講座内容

講義―衛星データについて/衛星データを数値化し、それをもとにデザイン/版の向きを変え、複数の色インクで刷り重ねる
※パソコンを使用します。

開講日 2017年6月10日、24日の土曜日 全2回
時間 10時30分~16時30分
場所 八王子キャンパス
受講料 1万2000円(材料費別途5000円)
定員 20名(抽選)
申し込み締切 5月20日必着 ※締切日を過ぎても受講可能な場合もあります。お問い合わせください。
講師 久保田晃弘[サウンドアーティスト、本学教授。さまざまな領域を横断・結合する創作を展開]
大矢雅章[版画家、本学非常勤講師。エッチングによる独特な漆黒を持つ大型銅版画を制作]