2017年度春期講座

講座番号
1211A

アトリエのにおいA 日本画の工房からー「顔料の不思議―色紙に豆を描く」

日本画の素材にふれ、
17sp02_nihonga.jpgのサムネール画像見て、聞いて、手を動かし
作品が生み出される空間を体感してみましょう

古来、人類は自然のなかにあるものを色材として描いてきました。そのひとつである「顔料」は、粒子の大きさや形状によって幅広い濃淡や色味を見せます。そんな色彩の世界を感受し、育まれてきた日本の絵画。顔料の魅力にふれ、繊細な色の世界を肌で感じながら描きましょう。

開講日 2017年5月27日(土) 全1回
時間 10時30分~15時30分
場所 八王子キャンパス
受講料 5000円 /「アトリエのにおい春期」1211A〜C 全3回受講の方は1万3500円(いずれも演習費等含む)
定員 20名(抽選)
申し込み締切 4月25日必着 ※締切日を過ぎても受講可能な場合もあります。お問い合わせください。
講師 中野嘉之[画家、本学名誉教授。中国等を巡り、墨と和紙を研究。自然の現象をテーマに描く]