2018年度春期講座

講座番号
1312

散策・江戸名所図会を中心に—東京を歩きながら江戸を楽しむ

江戸の街はなんだかとても楽しそう。かつて生きていた庶民のおおらかで楽しそうな姿が、図会や浮世絵のなかに見え隠れしています。そんな作品を参考にしながら、まず鑑賞し、読んで、そして歩き、現代の東京から江戸の街を探す〈小さなあそび旅〉をしてみませんか。

講座内容

第1回 講義—『江戸名所図会』机上散歩
第2回 散策—亀戸界隈を歩く
第3回 散策—王子界隈を歩く

開講時間・場所

※A・Bの2班で募集します。同日・同内容ですが、開始時間・順路は異なります。

【第1回/講義】A・B共通:14時30分〜16時00分、玉川区民会館(二子玉川仮設庁舎内)
【第2・3回/散策】A(午前班):10時00分~12時30分、B(午後班):14時00分~16時30分 ※現地集合・解散(小雨決行)。

※申し込みハガキに「AまたはBの希望」あるいは「A・Bどちらでも可(第一希望がある場合はその旨)」をご記入ください。

開講日 2018年4月19日、5月17日、6月21日の木曜日 全3回
時間 上欄参照
場所 上欄参照(現地集合・解散/散策は小雨決行)
受講料 1万円 ※第1回講義のみの受講も可能:2500円
定員 A・B:各25名(抽選)
申し込み締切 3月29日必着 ※締切日を過ぎても受講可能な場合もあります。お問い合わせください。
講師 海老塚耕一[美術家、本学教授。素敵なあそびとしての美術の楽しさを、制作と理論から探る]