講座レポート

「こども講座『あそびじゅつ』」

多摩美術大学生涯学習センターでは、主に小学生を対象に、こども講座「あそびじゅつ」を行っています。
『石の彫刻』『木に彫って描いてみよう』『昔の街を散歩しよう』...等々、月に1度の土曜日や、夏休み期間などに、八王子キャンパスや多摩センターにある本学の美術館を中心に開講しています。
            ◆

私たちは常にいろんなものにふれ、いろんなものに囲まれて、いろんな言葉を聞いています。けれども 多くの人には聞こえません。こどもたちは、ここで、おしゃべりなものたち(いろんな素材)と会話をし、お友だちになっていきます。
紙や絵の具や筆、ねんど、石や土、水や風や光、いろんなものとお友だちになって、いろんなものをつくってみます。
するとそこに言葉が生まれ、かたちが生まれ、想いも生まれ、みんなの言葉で広がる素敵な世界が顔を出します。
            ◆

「あそびじゅつ」では、ものをつくる過程のなかで、こどもたちが自ら、見て、ふれ、感じ、考えることのできる、そんなゆったりとした時間を大切にしています。
「美術」という小さいけれど素敵な「窓」から広がる景色を体験することは、やがて、こどもたちの日常のなかで、やわらかなまなざしを育んでいくでしょう。

そんな場所と時間が「あそびじゅつ」。
小学生のみなさん、是非一度あそびに来てみませんか。


詳しくは、下の「こども講座『あそびじゅつ』専用サイト」をご覧ください。

「あそびじゅつ」HP
http://www.k.tamabi.ac.jp/life/asobi/
現在募集中の「あそびじゅつ」
http://www.k.tamabi.ac.jp/life/asobi/lecture/
「あそびじゅつ」講座レポート(講座の様子)
http://www.k.tamabi.ac.jp/life/asobi/report/

Photo
Photo
Photo
Photo
Photo